スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッベンの演技にベニテス憤慨!

ロッベンの演技にベニテス憤慨!

両者は口論となり、怒りが頂点に達したレイナがロッベンのアゴをその大きな手でつかんだのである。
 そして、ロッベンはまるで首が折れたように、大げさに倒れこんだ。しかし、事の一部始終を監視していた主審は、なぜかレイナに向かってレッドカードを掲げたのである。


どっかからどう読んでも、アルパイと隆行さんだな。
img21_alp.jpg

隆行さんの場合、自分から手を持って行って、相手に突き飛ばされた風だったけどw
でも、悪いのは最初に手を出しちゃった方で、受け身を取った方が悪い訳じゃないのであしからず。
Rπの場合は、そのあとのW杯予選でも、スイスといざこざおこしてるしね。

でも、あのときの隆行さんは何回見ても、自分でアルパイの手をつかんで、持ち上げてるよなw
まけぼのさんにあの技を教えてあげたいよ。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tv12.blog28.fc2.com/tb.php/143-f21d5c95

コメント

K-1の場合は演技の必要はないんじゃ・・・。
ほうほう、K-1がガチだと思ってる人がここにw
でも、プロレスは受け身命ですからね。スタナーを食らったロックの受け身は最高。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。