スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オワタ

前半のできはブラジルが遊んでくれてただけだったのかな・・・。

前半はボールを中盤からカットすることができてた。ただ、途中のパスミスが多くて、全然攻められなかった。
逆に守備の方は能活のファインセーブ連発でなんとか凌ぐことができてた。

稲本→アレックス→玉田のゴールは本当に見事。玉田の動き出しもよかったし、アレックスのドリブルとパスもよかった。最初の試合からそういうのが見たかったんだよ。

ブラジルに攻められながらも、なんとかしのいで、リードしたまま前半を終えたかったけど、ホナウジーニョ→シシーニョ→ホナウドで同点。
このとき、完全にホナウジーニョに意識が行ってて、シシーニョを誰も見ておらず、シシーニョにボールが行ったときはみんなボールウォッチャーになってて、ホナウドがフリー。本当に残念としか言いようがない。

後半、入って早々にベルナンプカーノのミドルが炸裂したことからショーの始まり。ベルナンプカーノのシュートは本当に微妙な揺れのあるすごいシュートだった。

もうあとは得点状況とか覚えてない。

高原さんが何しに出てきたんだかわかんなかったのと、最後まで絶不調のアンタッチャブル1○番様を下げずに、攻守に利いてた満男を下げて、アリバイ守備蛸投入とか(意外に悪くはなかったけど、1○番様を下げた方がよかった)、これだけの状況になると笑っちゃうね。

最後、セーニが出てきたときは、4-1だったし、セーニのFKで5-1とかも見てみたいな。なんて恥さらしなことを思ってましたよ。

とにかく、逆転されてたから誰も走ってないのが残念で仕方ない。
ボールを取りに行かないと行けないところで、誰も取りに行かない、行けない。ボール奪取してからも、攻めないと行けないところで攻め手がなくて、バックパスとしょうもないロングパス。
もう最後の方は、ひでと加地と玉田くらいしか走れてなかった。前半から飛ばしすぎて消耗しちゃってたのかもしれないけど、それでも、もう最後の試合なんだし、もっと意地を見せて欲しかった。

ひでは試合終了後にユニフォーム交換をしたあと、ピッチに倒れ込みそのまま動けず涙。試合終了間際にはもう動けなくなってたからしね。
ひでさんの気持ちだけは伝わった気がする。ただ、ちょっと空回りしちゃってたとも思うけど。

とにかく、残念です。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://tv12.blog28.fc2.com/tb.php/275-3feab469

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。